薬師丸ひろ子(Hiroko.Yakushimaru).-.[Cinema.Songs].专辑.(MP3).rar 103.71MB
内容介绍:

简介:

压缩比率:320kbps

专辑介绍:

药师丸博子(やくしまる ひろこ)1964年6月9日出身于日本东京都港区北青山,日本女演员,被称为“山口百惠第二”。

13岁时参加《野性的证明》的拍摄,其表演天真、纯情、自然,从而一举成名。后又拍摄了《飞翔的一对》、《被人窥测的学校》、《水兵服和机关枪》等,分别获得“学生电影节”新人奖,横滨电影节和关西电影节女主角奖,连续两届获日本学会奖的话题奖。1983年,考入日本玉川大学英美文学专业。1984年,她在影片《W的悲剧》中,扮演了一个舞台演员,把角色演绎得出神入化,从而轰动日本影坛,此片被评为1985年最佳影片,而她也被授予最佳女主角桂冠。她以自身“独有的魅力”征服了日本观众,她在歌坛上也颇有成绩,发行的第一盘录音带,销售达80万盒。读大学后,又拍了《像野蛮人那样》、《生日》、《酒吧》等片,为日本影、视、歌三栖明星。

薬師丸ひろ子の歌手デビューは、1981年。映画「セーラー服と機関銃」で主演し、 同名の主題歌を歌ったときだ。映画「野性の証明」での鮮烈な女優デビューから3年が経っていた。もちろん、それまでにも歌手としての彼女を望む声は多く、実際にその舞台も用意され、大人たちの手で進行していたが、彼女は、自らの意志で中止を申し出た。歌手としての現在へと導かれる上では、「映画で出会った監督さんたちと同じように、正面から向きあってものを作っている方々」との出会いに負うところが大きい。大瀧詠一や松本隆、さらには、子供の頃から憧れていた松任谷由実を含め、井上陽水に中島みゆきなどとの出会いを経て、歌は、彼女にとって大切な場所になっていく。

「ユーミンさんをはじめとして、みなさん、子供を産み落とすような思いで歌を作られていて、その大事な子供たちを私に託してくださる。」最近は、有難い気持ちと等しく責任を感じるようになったという。「私が、心のどこかで原曲キーにこだわるというのも、私の声なのか何かを感じて曲を提供してくださる方たちへの、受け取った私なりの責任なのかなと思います。」

そうやって歌に対する彼女の誠意が、音楽界の優れた先達にはもちろんだが、聴き手にも伝わるからだろう。彼女の歌声を待ち続ける人たちは、たとえ彼女が歌から遠い場所にいようと、いつの時代にも絶えることがなかった。そして、彼女もまた、そんな人たちに応えるかのように、ここ数年、歌手としての存在感をみせる機会がふえてきた。

この『Cinema Songs』は、彼女の歌手デビュー35周年を記念して製作されたアルバムだ。国内外を問わずに、また、時代にかかわらず、その映画を印象づけた音楽の数々をとりあげ、歌っている。例えば、「ムーン・リバー」は、映画「ティファニーで朝食を」の中で、オードリー・ヘプバーンの歌で余りにも有名だ。「彼女のイメージがあれほど強い歌を、私の声で歌い直す必要があるのか」と、迷いもあったが、「ひょっとしてそれを知らない方たちにも、こういう歌があったのか、こういう歌なのかと、聴いてもらえれば」と、この映画音楽を代表する歌に挑戦した。

しかも、その「ムーン・リバー」を含めて、「ベンのテーマ」や「追憶」などでは、日本語の歌詞で歌ったり、映画の中ではインストゥルメンタルナンバーが使われていたものも、歌詞がついて歌として生まれ変わったものもある。「昔のイメージにとらわれたりしないで、いま、2016年の「ムーン・リバー」や「追憶」を少し意識していただいて」というように、アレンジにも吉俣良に創意工夫を託した。

「洋画、邦画、素晴らしい作品は沢山ありますけど、日本語がきこえてくるというのはホッとするんじゃないかということもあったし、サントラでも歌詞がついてない物もあったので、それを歌うことでまた一つ違う世界観ができるかなと思いました。」

だからと言って、奇をてらったり、これみよがしに現代に寄り添わせようとしているわけではない。むしろ、過去とか未来とか、そういう時代をさえ取っ払ったところで、歌が、いまという時代に美しく、時には優しく、時には切なく、そして力強く響く。それが、なんと新鮮で心地のいいことだろうか、と思う。

それぞれの歌と、もっと突き詰めて言えば、その歌がそもそも秘めた精神とも向き合い、朴訥という言葉を持ち出したくなるほど、歌に対しての、ここでの彼女の誠意を思うと、ひょっとするとこれは、女優としての彼女の、映画への感謝と責任のようなものではないかと思えたりもする。それにしても、だ。この透き通った歌声の何処に、これほどの力があるのだろうかとも思いながら、薬師丸ひろ子という歌手の、人間としての体幹の強さみたいなものをつくづく感じないではいられない。

最後になったが、彼女は、このアルバムへの思いをこんな素敵な言葉で表した。それをご紹介しておこう。「このアルバムは、自分なりの映画への愛というか、ラヴ・レターのようなものかもしれないと思ったりしています。」と。

专辑曲目:

01 ムーン・リバー *映画「ティファニーで朝食を」主題歌

作詞:John Mercer/作曲:Henry Mancini/訳詞:吉田 旺

02 Smoke Gets In Your Eyes *映画「Always」挿入歌

作詞:Otto Harbach/作曲:Jerome Kern

03 Mr.Sandman *映画「バック・トゥ・ザ・ フューチャー」挿入歌

作詞・作曲:Pat Ballard

04 ベンのテーマ *映画「ベン」主題歌

作詞:Don Black/作曲:Walter Scharf/訳詞:増永直子

05 Tea For Two *映画「二人でお茶を」主題歌

作詞:Irving Caesar/作曲:Vincent Youmans

06 Cavatina *映画「ディア・ハンター」テーマ曲

作詞:Cleo Laine/作曲:Stanley Myers

07 トゥモロー *映画「アニー」挿入歌

作詞:Martin Charnin/作曲:Charles Strouse/訳詞:片桐和子

08 追憶 *映画「追憶」主題歌

作詞・作曲:Alan Bergman, Marilyn Bergman, Marvin Hamlisch/訳詞:岩谷時子

09 コール *映画「ナースコール」主題歌

作詞:須藤晃/作曲:玉置浩二

10 愛のバラード *映画「犬神家の一族」テーマ曲

作詞:山口洋子/作曲:大野雄二

11 戦士の休息 *映画「野性の証明」主題歌

作詞:山川啓介/作曲:大野雄二

— Bonus track —

12 セーラー服と機関銃〜Anniversary Version〜 *映画「セーラー服と機関銃」主題歌

作詞:来生えつこ/作曲:来生たかお

All songs arranged by Ryo Yoshimata(except M-12:Gen-Ittetsu)

相关资源:
交易平台开发商